害虫対策経過-ニームオイル実験2

ブルーベリー栽培

東京に出稼ぎ中のugゆえ、ブルーベリーと真正面から向き合えるのは、ほぼゴールデンウイークのこの時期だけとなります。毎年、刈払機による雑草樹木の除去、ブルーベリー剪定、摘花、出来ればブルーベリー苗定植と大忙しです。特に昨年はブルーベリー一株に対して、10~20匹程度の毛虫がいるという異常事態が発生してしまい、取り除くのにてんやわんや。

害虫が写り込んだ写真記事

2021摘花・害虫駆除

全てのスケジュールが後ろに遅れ、畑以外の作業が何一つできなくなるという恐ろしい連休となったのでした。そこから学習して、前記事で書いたように今年は害虫対策として4月の1か月の間、息子にニームオイル散布テストしてもらうこととなった次第です。

害虫対策ー噂のニームオイル実験開始!1

実験内容は50㎖980円のニームオイルの内、0.25㎖を500㎖ボトルスプレー容器入れ、全部で100株ほど植わっているブルーベリーの内10株に週1回散布するというものです。

 

経過

今年は家の屋根塗り直し時期と重なり、連休の最初の方は畑に行く事ができませんでした。5月3日にどきどきしながら畑に行ってみると…

いつものゴールデンウイーク同様に選定と摘花を開始しましたが、なんと、毛虫がいない…。一匹も…。こんなことは初めてです。約100株を剪定・摘果して回りましたが、昨秋からいたと思われるミノムシが2匹見つかっただけで、それ以外の毛虫は皆無という経過を辿っています。ニームオイルを散布した株はもちろん、散布しなかった株にも害虫は見当たりませんでした。(^^?

  • 息子が散布する株を畑全体に散らしてくれたおかげで、敷地内全体がニームオイルの香りや成分で満たされ、害虫が卵を産み付けに来なかったということ。
  • 気候の関係で今年は害虫の発生が少ないか出遅れていること。

この二点が原因として考えられます。天然成分だけの害虫対策オイルの効果を証明するのは非常に難しいので(ダメだったというのなら簡単ですが)、今年は6月か7月にもう一度秋田に来ることにして、その後の状況を確かめたいと思います。

いずれにせよ、毛虫が皆無だったことで、剪定・摘果、そして、刈払機での雑草・雑木刈りがスムーズに進み、去年まで3日位かかっていた作業がなんと1日で終わってしまいました。おかげで一株とは言え、苗の定植まで終了。有り難い一日となりました。(^^)

スポンサーリンク

  • 害虫対策で使ってみた!!
  • 虫が嫌うユーカリの香り!!
  • 虫をやっつけるのではなく来ないようにするのが目的!!
  • 化学成分不使用!

害虫対策経過-ニームオイル実験2

次回はブルーベリー苗のポリポット交換についてです。

ブルーベリー苗のポリポット交換

一番最初の記事「ブルーベリー定植」

コメント

タイトルとURLをコピーしました