スポンサーリンク

ブルーベリー剪定

ブルーベリー栽培

スポンサーリンク

ブルーベリーに関わらず果樹の選定は、外に枝を伸ばしていくイメージが大事です。

上図のように木を真上から見た時に、その周りに同心円を感じるイメージが大事です。樹木の中心にも光が入るように剪定しましょう。太陽光を浴びるのを枝同士が邪魔し合わないように、絡まりそうな枝も剪定します。円の内側に向かっていたり、二股になっている枝は赤線の場所で迷わずに切りましょう。

左図のようにカギ型に選定してしまうと成長が阻害されます。多少真直ぐにできない場合があっても、右図のように少しでも直線に近くなるように外へ向かって枝を選んであげれば、根元から枝先まで太さの揃った健康な枝になってくれますよ。なるべく真直ぐ外に伸びる枝を残してやることが強く大きな枝ぶりにするコツとなります。

実をつけるようになって5年以上経ったら、枝が古くなって結実量が少なくなっていきます。そんな時は根元付近まで切り戻してあげましょう。植物は地下の根っこ部分と地上の枝がバランスをとれるように次の準備に入ってくれます。土中から新たな枝が伸びて来るか、切り戻しの先端から新しい枝が出てきますから、心配ご無用。

スポンサーリンク


[初心者おすすめ]プロにお任せブルーベリー苗木栽培6点セット(13.5cmポット樹高0.5m前後の苗x2+ブルーベリー専用土+21cmポット+肥料)

次回は成木に育てるために必要な作業についてお話しします。

最初の5年は摘花・摘果

ブルーベリー剪定

コメント

タイトルとURLをコピーしました