スポンサーリンク

オリジナル小説「草原のチャド」リンク

人が人になる前の冒険の物語。私達の遠い祖先はどこから現れてどこに行ったのか。一つの思いが形になりました。
ブルーベリー栽培

朗報!大粒品種ダロウの苗木できました!

百円玉程度の大きな実がなることで人気なダロウ。和が楽園でも二株購入して畑に植えました。その後、元気に育ってくれた株の剪定枝を使って苗作りをしておりましたが、数年を経てようやく一株成功しました。(^^)
ブルーベリー栽培

2021ブルーベリー剪定

単身赴任中の身ですがブルーベリー剪定の為に今週末だけ秋田に舞い戻ってきました。日本で栽培されている果樹の多くがそうだと思いますが、冬の休眠期に剪定するのが良いとされています。剪定は枝を切るということ。切り口は当然枝の内部が露出されます。
秋田寄り処

秋田に来たらはずせない!末廣ラーメン本舗のあさり醤油

JR秋田駅西口からほど近い末廣ラーメン本舗秋田駅前店に行ってまいりました。気になるのはあさり醤油。
ブルーベリー栽培

日本蜜蜂を飼いたい

西洋蜜蜂が日本に入ってくる以前は、日本蜜蜂は農家の庭先でも飼育されるような一般的な存在でした。そもそも日本蜜蜂は、日本において単に「蜜蜂」だったのです。西洋蜜蜂が導入されると、養蜂家はより多くの蜜を集められる西洋蜜蜂に切り替えていきました。
スポンサーリンク

オリジナル小説「離され島冒険記」

石が道具として使われていた遠い昔のお話。冬の始め、リョウ、ケン、ソウら三人の男の子、そして、ソウの姉であるテラは、屈強な村の男衆について山裾の村を発った。
秋田寄り処

秋田温泉さとみ

美人の湯と称されるお湯につかった途端に「なるほど」と納得。ぬるっとした湯の感触はこれこそ温泉。成分表を見るとナトリウム量が見たことないほど豊富。混みごみとした都会と違い、車の流れがスムーズなのでタクシーならあっと言う間に着く距離。
秋田寄り処

男鹿半島ーカンカネ洞

おが潮風街道を車でひた走る。急なカーブの続く幹線道から細い道を入ると海沿いのその村は私たちを静かに出迎えてくれる。加茂青砂。幹線道の無い時代、この村に行きつくには大きな壁を越えなければならなかった。それがカンカネ洞、今回の目的地だ。
秋田寄り処

男鹿半島ー五社堂

なまはげ達は九百九十九段まで石段を築いた。あと、一段で千段。「これで嫁がもらえる」そう思った矢先に一番鶏が泣いた。約束の千段に届かなかった。なまはげ達は泣いて悔しがり、脇にあった杉を引き抜いて逆さに地面に刺し、山に帰っていった。
ブルーベリー栽培

ノーザンハイブッシュとラビットアイどっち?

ブルーベリー栽培してみたいけれど、ノーザンハイブッシュとラビットアイのどちらを手に入れれば良いのかわらない人が結構多いですね。私も最初は悩みました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました